Top Menu > 技術情報INDEX

SpectraSoft

ステレオ(2ch) ⇔ モノーラル(1ch)

ファイル コンバート

 


対応モデルSpectraPLUS/-SC/LAB


機能概要: 「Merge」機能とファイルエクスポート機能により、デュアル・ステレオ仕様のWAVファイルをモノーラル仕様に、また二つのモノーラルファイルをステレオファイルにコンバートすることができます。

 


 

モノーラルファイルを結合してステレオファイルに:

 

 

<File>メニューの<Merge>機能を使用し次の手順で行います。

  1. <Options><Processing Settings>メニューを開き、「Settings」ダイアログの「Stereo」オプションをマークします
  2. Dual Channel Spectral Processing Options」を「Both Left and Right」に設定します
  3. <Mode><Post Process>メニューの「Post Process」モードを選択します
  4. <File><New>メニューによりファイルを初期化します
  5. <File><Merge>メニューをクリックします
  6. chに割り当てるファイルを選択します
  7. chに割り当てるファイルを選択します
  8. もし、Time Seriesビューが開いていれば上図のように表示されます
  9. 処理ファイルは<File><Save As>メニューで保存することができます

  *)二つのモノーラルファイルはサンプリングレート、ビットレート等が同一でなければなりません

 


 

ステレオファイルをモノーラルファイルに:

<File>メニューの<Export><Import>機能を使用し次の手順で行います。




  1. ステレオファイルをロードします
  2. <File><Export>メニューでダイアログを開き、左図のようにセットします(チャンネルは任意に選択)
  3. <OK>ボタンを押し、適当な名前を付けて保存します(拡張子はWFTです)
  4. もし、(WAV)拡張子ファイルが必要な場合は5項以降を実行します
  5. <File><New>メニューで初期化します
  6. File><Import>メニューでダイアログを開き、下図のようにセットします(インポート解説参
  7. OK>ボタンを押し、3項で保存したファイルを選択して開きます
  8. <File><Save As>メニューで適当な名前を付けて保存します(拡張子は(WAV)です