Top Menu > 技術情報INDEX

SpectraSoft

コンフィギュレーション・定義ファイル機能
Configuration

 


機能概要: 設定した測定条件、画面レイアウト等の定義値をファイルに保存し、スピーディーな再現性を提供します。

*) 当該機能はSpectraRTA1.32.v15以前のモデルは未対応です


 

 

保存手順:

  1. 測定条件、グラフ画面サイズ/位置等の設定が決定したら、メニュー<Config><Save Configuration>をクリックします
  2. Save Cobfiguration File」ダイアログに適当なファイル名を入力して保存します。既定フォルダは「Drive:\Spec...\Config」です

再現手順:

  1. メニュー<Config><Load Configuration>をクリックします
  2. Load Cobfiguration File」ダイアログで適当なファイル名を選択して開きます
  3. 瞬時に目的の諸条件をロードして再現することができます

 

補足: ファイルの保存先フォルダは自由に変更可能です。パス設定の頁を参照下さい。

 


 

定義ファイル内容の観察:

  *) 当該機能はSpectraRTAモデルは未対応ですが、定義ファイルはエディターソフトなどで観察することができます(拡張子は.cfg、テキストフォーム)

  1. メニュー<Config><View Configuration>をクリックします
  2. ファイル内容が表示されます
  3. ダイアログの[Print]ボタンもしくは、メニュー<Config><Print Configuration>によりプリントアウトも可能です